新着情報

◎2017/9/30

人気俳優に必須なスキル
の情報を更新しました。

◎2017/5/24

俳優になるために
の情報を更新しました。

「俳優 方法」
に関連するツイート
Twitter

俳優になるための学校とは?

俳優になるためにすべきこととは?

俳優になるためにすべきこととは?

俳優とは大きく分けて舞台俳優と映像俳優のふたつにわけることが出来ます。
それぞれ演じる場所が異なりますが、どちらに関してもオーディションを受ける、劇団に所属する、養成所に通うと言った三つの方法でなることが出来ます。
多く門が開かれておりますが、合格するためには個人の能力が要となります。
確実に俳優になるためにすべきこととしてまず、自分を高めるために日々情熱を注いで勉強することが大切です。
自分の演技やからだを客観視して、人を惹きつける魅力を磨きましょう。
努力を苦としないような、演じることが好きという気持ちがこの職業を続けるには大切なポイントです。
同じような気持ちで目指している人は多くいます。
その中で一番になるために何度も挑戦し、諦めない気持ちを持つことも重要です。
そしてすぐにその機会を掴めるような、行動力も求められます。
最後に演劇とは様々な人が関わります。
そのため演じ手だけでなくスタッフなどとも協力できるようなチームワーク力も身につけておきましょう。

俳優としての演技力をみがく方法

俳優として演技力をレベルアップさせる方法には、レッスンのほかに自分ひとりでもできる事が沢山あります。
演技の基礎には「発声」「表情」「表現」の3つの大事な要素がありますが、これらには自宅でも訓練できる方法があります。
発声の基礎となる腹式呼吸は、寝転がって練習、立ってみて同じように練習しながら「アー」と声を出して、クリアな声になるまで、繰り返し練習します。
表情づくりは、卓上ミラーがひとつあれば1人で練習することができます。
基本の喜怒哀楽に、色をつけて何に喜んでいるか、誰に怒っているか、誰に何が起きて哀しいのかなど、設定を少しずつ複雑に変えていきましょう。
表現の練習は、自分の演技が見ている側に、ちゃんと伝えられているかどうかの確認です。
誰かに見てもらえればいいのですが、ひとりで確認する場合は、デジカメやスマホで動画撮影して客観的に見てみましょう。
その動画を人に見てもらうのもいいかもしれません。
日頃から、どんな出来事にどんな感情を持ったかをノートに書き出して、俳優として感情表現のメニューを増やしたり、役を与えられたら、台本を叩き込むだけでなく、台本のストーリーと関係ない場面での、その役の人物の行動を想像してみると、キャラクターに入り込みやすくなります。
小さな事の積み重ねが、演技力を向上させて、深い演技を生み出すはずです。